FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒兄貴シリーズ-還る場所などない-(螺旋王×カミナ)

「自由が欲しかったんだと…さ」



3人目の俺はそう言って、鏡を見つめる。
俺は、その言葉に何処か羨ましいという感情が芽生えつつ、それでいて胸が痛くなった。
それは、決して俺達が抱いてはならない感情だったからかもしれない。

2人目の俺は、もうここにはいない。
そういう感情を抱いたということで断罪され、処分された。

「自由って、いったい何なんだろうな。お前が抱いた自由への憧れは、ニセモノの感情かもしれねえだろ。自由だなんて言葉に踊らされて…処分されるだなんて ほんとバカみたいじゃねえか。俺達の存在理由を忘れやがって…」

2人目が処分されると同時に、俺は目覚めた。

「もし疑問を抱いたり、思ったりしても、言葉にしちゃいけねえよ…2人目…」

本来なら、そういう記憶の移植はされず魂だけ新たな器に入れ替えて起こされるのが妥当かと思われるんだが、螺旋王は残酷な心の持ち主で、過去の記憶も同時に移植してしまうのだ。
それは、単なる魂の上書きなのでないのだと、これからも延々と魂へ服従という精神を刻み付けるための行為なのだろう。
1人目の記憶は出撃後の記憶が削除されており、それ以降の記憶がなく、それゆえ戦闘で死亡した時の記憶はない。ただ、1人目が誰に想いを抱いていたのかは、僅かに記憶している。

しかし、2人目は違う。

1人目が誰かに抱いていただろう感情に振り回され、それの想いに溺れ、そしてそれを手に入れたくて愚かにも主である螺旋王に「自由が欲しい」などと莫迦なことを抜かした為に、最悪な形で処分された。
螺旋王は、1人目の抱いていた感情も知っていたんだろう。
だから、3人目の俺が二度とそんな感情を抱いたりしないような形で、2人目を…。


思わず俺は自分の両腕を掻き抱き、怖気に恐怖し震える。
「自由が欲しい」という言葉を吐いただけで、王は哀れなものを見るような視線で俺を見たのち、狂気に震えた哄笑をあげたかと思うと激しい勢いで組み伏せ、言葉を発する暇すら与えられないほど殴打し続け、そのまま意識を失いかけた状態のところで、今まで以上の行為で俺を犯し…

そのままの状態で失敗作の獣人を廃棄する廃棄場へと打ち捨てられた。
当然ながら、そういう状況で廃棄された場合、辿る道はたったひとつだ。
死臭の充満する光のない隔離された小さな世界に打ち捨てられた、素手では力など獣人に適うはずもない人間の末路など…。

そのときの記憶が、今の俺にはある。
いびつに歪んだ黒い獣人の群れが、逃げる俺を襲う。
犯され、逃げて。
そして掴まりまた犯される。
そしてその行為が何度か繰り返され、身体中傷だらけになり、逃げることも動く事も出来なくなっても執拗に犯され続け、蛆が湧き腐敗が始まって死ぬ瞬間まで身体は黒い獣人達に犯され続けていた。
それを思い出すだけで激しい吐き気と、身体を貫く怖気に逃げ出したくなるが、その感情で俺を拘束しているんだろう。螺旋王は。


「そうだ。疑問は抱くな。俺はただ…此処にいて…王の言うまま生き、王の言うままに死ねばいいんだ」


鏡に映った自分の顔をじっと見詰める。
俺にはオリジナルの記憶は、ない。
そして何故、螺旋王がこの顔…姿にこだわっているかなども知らない。



「還る場所なんか…ねえんだからな…今の俺には。 俺が生きてける場所は、此処しか…ねえ…」



ギリと、鏡に映った自分の顔に爪を立てる。
青い髪、赤い瞳、藍色の刺青。

決して本来名付けられたはずの名前を、もう二度と呼ばれることはない。
呼ばれたとしてもそれは、自分ではなくオリジナルのものなのだ。
自分には名付けられた名前は ない。


「……」




そして言葉のない感情を飲み込むと黒衣で身を包み、感情を殺した仮面に表情を変え、黒いマントを纏い部屋を出て行った。








後にした部屋には、血のついた鏡の欠片が床に散らばっていた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。